暮らしのこと

フワフワモチモチのホットケーキはアレを入れるだけで実現しちゃいます

みなさん、ホットケーキは好きですか??

ホットケーキは朝食の定番ですね!

子どもの頃、次の日の朝食がホットケーキだと聞いた夜は、とてもわくわくして朝が待ちきれませんでした!

ホットケーキミックスが売られているので、牛乳と卵を混ぜて焼くだけで時間がかからずにでき、忙しい朝には最適です。

簡単なのでお子さんでもひとりで作れますもんね!

そんな誰でも気軽に作れるイメージのホットケーキですが、作り方しだいで、けっこう仕上がりが違ってくるんです。

しかもアレを入れると、今まで家で食べたことがないぐらいフワフワでモチモチになっちゃいます。

簡単なようで奥深いホットケーキをもっとフワフワ・モチモチに抜群に美味しく作れるコツを伝授します!

Sponsored Link
Sponsored Link

ホットケーキをフワフワに分厚く作るにはどうしたらいい??

ふわふわなホットケーキが食べたい!と思う人はやっぱり多いみたいで、有名なレシピサイト、クックパッドにもたくさんの「分厚いホットケーキ」レシピが載っています。

わたしは昔からプレミアム会員なので、「分厚いホットケーキ」のレシピもいくつか試させていただいていました。

使われている定番の材料(ホットケーキミックス・たまご・牛乳)の他に、ホットケーキをフワフワに分厚くするためにプラスされて使われている材料として多くあったのが、

レモン
マヨネーズ

豆腐
ヨーグルト

などでした。

これらの材料たちは、ホットケーキミックスの小麦粉に含まれている、固く結合してしまう特徴のあるグルテンの形成に影響を与えて、生地を膨らみやすくさせるというもの。

今回、わたしがフワフワのホットケーキを作るために、使用したのは「ヨーグルト」です。

でも、レシピでよくあるプレーンヨーグルトでは作っていません。
普通のヨーグルトよりもフワフワモチモチになったのは、あのヨーグルトでした!

Sponsored Link

たまたま入れたヨーグルトが大当たりだった!


↑わたしがホットケーキ作りに使っているヨーグルトがこれです。

牧場の朝」!!

普通の甘くないプレーンヨーグルトを使って作ったことがあったので使いたかったんですが買っていなくて、ちょうど冷蔵庫に一つ残っていた「牧場の朝」を見つけて、「これでいっか!」と加えたのが始まりでした。
その美味しさにハマり、ホットケーキを作るときは毎回「牧場の朝」を使っています。

「牧場の朝」自体に砂糖が入っているので、ほんのり甘く仕上がります。ケーキシロップ等をかけなくてもいいので、糖分が少し抑えられますね。

しかも、普通のプレーンヨーグルトで作るときよりもなぜかモチモチするんです!

スーパーでは高確率で売られていて、しかも3個入りで100円以下の安売りをされていることも多いこのヨーグルト。

昔食べたときはちょっとすっぱいイメージがあったんですが、大人になってから食べたときに、まろやかですごく美味しくなったと驚きました。

味は、プレーン・いちご・ブルーベリーとあります。

ホットケーキ作りに使っているのは、プレーン味です。
(他の味でも美味しいかも!)

材料

ホットケーキミックス1袋(今回使用したのは200g)
たまご1個
牛乳100cc
「牧場の朝」ヨーグルト1個

「牧場の朝」ヨーグルトが入る分、牛乳はホットケーキミックスの袋に記載されている量より少なめにしてあります。

今回使用したホットケーキミックス(200g)の牛乳の量は150ccと書かれていたので、50cc少ない100ccにしました。
ホットケーキミックスの量によって変わってくるので、参考にしてください。

作り方


1・たまご、牛乳、「牧場の朝」ヨーグルトをボウルに入れ、泡だて器でかき混ぜます。
※まだホットケーキミックスは入れません!

 


2・混ぜていると少しもったりとしてきます。

 


3・ホットケーキミックスを一気に入れます。もう泡だて器は使いません!

大き目のスプーンやお玉などで、生地をすくい上げるようにして混ぜ合わせていきます。ボウルのまわりについているホットケーキミックスを生地に混ぜながら、すくって落とすようなイメージです。

ここでいちばん大事なのは、決してグルグル混ぜないこと!!

なるべく混ぜる回数を少なく、ホットケーキミックスが生地に混ざって見えなくなったらすぐに手をストップさせます。


4・フライパンを熱して、バターを入れます。ジュワ~っとなりますね。

ホットケーキが焼きあがってから、バターやマーガリンを塗るのが定番だと思うのですが、焼くときに使用すると、ホットケーキの表面がカリッと香ばしく、香りもいいので、わたしはこうしています!


5・フライパンに入れたバターが溶けきったら、一度、火を止めます。

そこへ、さきほど作った生地を流し込みます。お玉などで生地を広げたりせずに、上からなるべくこんもりとなるように流します。

お店のような分厚くて丸い形のホットケーキを作るのには、セルクルという底のない型を使うのがいちばん分厚くキレイに出来上がります。
うちにはセルクルがないので使っていません。

6・火を再び点けて弱火にし、フタをします。
フタはかならず!

・2~3分して表面がプクプクし始めていたら、フライ返しで少しめくって様子を見て、裏返します。ためらわず一気に!
(時間は目安です。セルクルを使う場合は厚い分、もう少し時間がかかります。)

表面のプクプク(プツプツ?)が大事です!これを目安にして裏返してください。


ちょっと焼きすぎましたかねw
でも、バターを使って焼いているのでこのぐらいになると思います。

再び、フタをしてさっきよりもさらに火を弱めて2分ほど焼きます。
フライパンの温度が上がっている分、火が入りやすくなっています。


できました!

セルクルを使えば、もっと分厚くキレイになりますが、使わなくてもフワフワになっています!

「牧場の朝」を入れることで、フワフワもちもち、やさしい甘さのホットケーキになるので試してみてほしいです!

Sponsored Link