2019年夏ドラマ

偽装不倫【ドラマ】最終回を原作漫画からネタバレ予測!悲恋の結末?

偽装不倫」がドラマ化されます!
(7月スタート、日テレ系)

原作は、東村アキコ先生の同名漫画です。

東村アキコ先生の漫画で、ドラマ化されているものといえば、

・主に泣いてます(2012年)
・東京タラレバ娘(2017年)
・海月姫(2018年)

がありますね!

どれも個性派作品で、なんといっても面白い!

偽装不倫」は、LINEマンガで連載されており、現在3巻までコミックが発売されています。

原作漫画は、最初は笑える要素が多めなのかな?と思ったのですが、お話が進むごとに、切なくなったり、キュンとしたり・・で、どんどん引き込まれていきます。

偽装不倫漫画あらすじ結末ネタバレ、また、原作漫画から予想されるドラマの最終回を考察してみたいと思います!

Sponsored Link

偽装不倫【漫画】あらすじ

主人公は、濱 鐘子(はま しょうこ)(30歳)。

3年間、婚活をがんばってみたが成果は出ず。

わたしは絶望的に男にモテない!!

と悟ったのでした。

 

ある日、韓国へ一人旅に出た鐘子が機内で出会ったのは、

年下のイケメン韓国人ジョバンヒ

 

ジョバンヒのかっこよさに動揺した鐘子は、咄嗟に、自分は既婚者だと嘘をついてしまいます。

旅の間だけの期間限定の恋のはずが、鐘子の気持ちはどんどんジョバンヒに惹かれていくのです。

鐘子は本当のことを言えないまま、ジョバンヒと「偽装不倫」を続けていきます。

 

しかし、そんなジョバンヒにも、誰にも言っていない秘密があったのです・・。

 

一方、「偽装不倫」を続ける鐘子に対して、「本物の不倫をしていた人が実は身近にいたことが判明。
鐘子も巻き込んだ波乱劇を繰り広げることになるのです。

 

以下、偽装不倫【漫画】のネタバレ内容を含みます。

偽装不倫【漫画】結末ネタバレ

45話までのネタバレ内容となります。

鐘子とジョバンヒは、一緒に日本に来ましたが、空港に来ていたダンナの姿を見たジョバンヒは、そのまま姿を消してしまいます。
(本当は葉子のダンナ。鐘子が以前ジョバンヒに自分のダンナと偽り、写真を見せた)

もうジョバンヒには会えない・・と落ち込む鐘子。

 

ジョバンヒのインスタを覗くと、岩手県のめがね橋の写真が投稿されていました。

岩手県は鐘子の出身地で、二人で行こうとしていた場所でした。

その場所にジョバンヒが一人で行っていると知った鐘子は、すぐに岩手県へ向かいます。

 

インスタの写真を頼りに、やっと再会できた鐘子とジョバンヒ。

本当は自分は結婚していない、とジョバンヒに言うことを決意していた鐘子。

しかし、その言葉を言う前に、ジョバンヒは鐘子のひざの上で、意識を失って動かなくなってしまいます。

 

救急病院に運び込まれたジョバンヒ。

ソウルのジョバンヒの主治医から電話で、ジョバンヒを飛行機に乗せてはいけない、と言われてしまいます。

なにが起きているのか理解できない鐘子はパニック!

 

目が覚めたジョバンヒに病気のことを尋ねるも、ただの貧血だと言います。

信じられない鐘子は、ジョバンヒが持っていた薬を調べ始めました。

脳に関する薬だということはわかりましたが、くわしい病名などはわかりません。

 

ジョバンヒの病気は、脳腫瘍だったのです。

 

翌朝、鐘子とジョバンヒは、「宮沢賢治記念館」に向かいました。

レンタカーを借りる際、ジョバンヒは鐘子の免許証の名前を見ます。

指輪のイニシャルが「S」ではないということにジョバンヒは気がついていて、「鐘子」は本当の名前ではないのではないか、と思っていたようなのです。

指輪のイニシャルなんて見ていなかった鐘子は焦って、その場で思いついたことを話してごまかします。

 

本当は何かの病気なんでしょ、と聞きたい鐘子。

でも聞けない。

わたしも聞かれそうだから。

あの指輪は鐘子のものではないの?って。

 

・・・鐘子さん、大好きだよ。

鐘子が運転している横で、ジョバンヒがつぶやくのでした・・。

 

宮沢賢治記念館のカフェでお茶中、鐘子はうっかり、自分に姉がいることを話してしまいます。

名前を聞かれましたが、本当の名前を言ってしまったら、イニシャルの件があるのでマズイ・・と思った鐘子は、嘘の名前を教えてしまったのです。

さらに姉は独身とまで・・!

 

鐘子とジョバンヒは銀河鉄道の展示室を見ています。

手をつなぐ二人。

遠いいつか、一緒に銀河鉄道に乗ろうね、

とジョバンヒは言うのでした・・。

Sponsored Link

偽装不倫【ドラマ】結末ネタバレ予測

※LINEマンガで、45話までを読んでの予想ということになります。

原作漫画を読んでドラマの結末を予想することは、どこまでドラマが原作に忠実に作られているか、ということで変わってきますよね。

偽装不倫の原作漫画とドラマの大きな違いとして、ドラマでは、ジョバンヒが韓国人ではないということがあります。

ドラマでは、ジョバンヒのポジションは、伴野 丈(ばんの じょう)という名前の日本人ということになっています。

でも、鐘子が既婚者だと嘘をついてしまうこと、伴野 丈(ジョバンヒ)が病気だということは、韓国でなくてもストーリーとして成立するので、結末には影響しないのだと思います。

伴野(ジョバンヒ)にとって鐘子は決して遊びの恋なんかじゃないでしょう。

自分は先が長くないとわかっていて、もし自分がいなくなっても、鐘子が結婚していれば一人ではないから安心できる、というふうに思っているのではないでしょうか。

ドラマでは、何となくですが、ドラマの雰囲気がそんなに暗い感じではないような気がするので、悲しい結末にはならないのかと思いました。

鐘子が実は結婚していないということが、何かのハプニングで伴野(ジョバンヒ)に知れることとなり、病気の危機を乗り越えて、二人は結ばれる・・といったところでしょうか。

原作漫画が配信され次第、また更新していきます。

Sponsored Link