暮らしのこと

困った壁のカビはこれで退治しよう!水洗いできない場所でもOK!

ちゃんと換気しているつもりなのに、いつの間にか壁がカビだらけだった・・・ということはありませんか??

以前、部屋の模様替えをしようとタンスを動かしたら、壁にカビが生えてしまっていたことがあります。

知らずに、そこで生活していたと思うとゾッとします・・・!

 

放っておくと健康にも良くないカビは、見つけ次第すぐに除去しましょう!

家のカビに長年悩まされていたわたしが、実際に壁に発生してしまったカビをキレイに取った方法をご紹介したいと思います。

Sponsored Link

壁のカビはどうして生える??

お風呂場周りの脱衣所、洗濯機の近くなどにカビが生えやすいことから、カビの原因はやはり「湿度」です。

お部屋の中の壁を見てみても、窓の近くなどもよくカビが発生します。

人が生活しているだけで人の体温で湿度が上がるので、日々の入浴や料理など水をつかうシーンで、お部屋の湿度が上がってしまうのは想像できますよね。

毎日きちんと窓を開けて換気をすることが最も重要です。

 

梅雨の時期にカビが出やすいイメージですが、暖房を使う冬のシーズンも外と室内の温度差が原因で結露ができやすくカビが発生しやすくなります。

 

換気していてもカビが生える場合も・・・

これは実際に、わたしの家で体感していますが、ちゃんと換気していてもカビが発生してしまうこともあります。
日当たりなどの条件や、建物自体の機密性など、そこに住んでいる以上どうしようもないことも・・。

普段からこまめにチェックして、少しでもカビが生えているのを見つけたら早めに対処することで、カビを広げずに済むことができます。

 

カビでアレルギーなどの健康被害

カビの胞子を吸い込むことによってアレルギーの原因になったり、肺胞内で繁殖して、病気を引き起こすこともあります。

360種ほどが生息しているといわれている住宅内では、注意が必要です。

Sponsored Link

壁のしつこいカビをキレイにした方法

 


↑気になっている壁のカビがこちら。
最近発生したものではなく、2~3ヶ月このままでした。

居間の窓付近の一角です。

ちなみに壁紙の材質は、一般的に家庭でよく使用されているビニールクロスです。
(凹凸があるので、カビがとれにくい気がします。)

 


↑今回使用した洗剤はこちらです。

 

(ビニールクロス)のほか、お風呂のタイルユニットバスプラスチックなどにも使用することができます。

ドラッグストアーなどでよく見かけるお風呂のカビ取りは水洗いしなくてはいけないので、部屋の壁には向かないと思いやめました。

この洗剤の薬剤は揮発するので、洗い流しができない場所でも使うことができます。


↑カビの部分にまんべんなくスプレーをかけます。

この写真では素手ですが、薬剤が垂れてくることを考えたらゴム手袋をはいたほうがいいです!

※スプレーをかける場所が目線より上だった場合、薬剤が自分にかかると危険なので、薬剤をバケツなどに出して刷毛で塗るとよいです。

 


↑スプレー直後。当然まだ変化はありません。

初めは臭いをあまり感じませんでしたが、時間が経つと塩素臭がするようになってきたので換気しました。最初から窓は開けておいたほうがいいですね。

 

商品の説明には、
スプレーしたら15分放置。
まだカビが残っていたらその部分だけもう一度スプレーして15分放置、と書かれています。

しつこいカビなら、その作業を何回か繰り返すといいみたいです。

 


↑15分置いたらこうなりました。

だいぶキレイになりましたが、まだうっすら残っているようですね。

再びスプレーして、今度は一応30分置いてみました。

 


↑うん!これはキレイになりましたね!最初の状態と比べるとかなりキレイにカビが落ちています。

その後はもうスプレーせずに、濡らした雑巾で水拭きをして終了しました。

必ずしも水拭きが必要なわけではないですが、水拭きすることで早く塩素臭が消えます。

(※広範囲に多量に使用したときは薬剤が残留する可能性があるので、水拭きが必要です。

 

しばらくは部屋の中に塩素臭が残っていましたが、水拭きをしたところが乾くにつれて気にならなくなりました。

その後の変化

今回は合計2回スプレーをかけたんですが、その後時間が経ってから見てみると、だんだんカビの色が薄くなってきているんです。

これはあまり酷いカビではなかったからかもしれませんが、薬剤が時間をかけてカビを漂白しているのではないかと思いました。

15分おきにスプレーをしなくても、水拭きをしたあとはしばらく時間をおいて様子をみてみてもいいかもしれません。

Sponsored Link

軽いカビにはアルコールスプレーでも

今回はしばらく壁に放置してあったカビを退治したかったので、カビ取り用の洗剤を使いましたが、発生したばかりの軽いカビや、材質に凹凸がないツルツルしている場所には、アルコールスプレーをかけて拭き取るだけでもキレイになることがあります。

うちの例でいうと、今回洗剤を使ったビニールクロスに発生したカビには、アルコールスプレーではビクともしませんでしたが、脱衣所の天井のカビはアルコールスプレーでサッと拭いただけで簡単に落ちました。

アルコールスプレーでカビの予防にもなるので、普段のお掃除に使ってもいいですね。

1本家に常備しておくと便利だと思います!

カビは早めに退治して、キレイな家と健康をキープしてくださいね!

Sponsored Link