教えてもらう前と後

【教えてもらう前と後】手が10歳若返る5つの方法とは?血管の浮きにも!

2019年11月19日放送の「教えてもらう前と後」で、

“10歳若返ろう! 冬の老け手対策”というテーマを特集していました。

 

冬が近づくにつれて、手の乾燥などが特に気になりますね。

毎日の家事や年齢などによって、手のシワ血管の浮きも目立つようになってきます。

手は人の目にも触れやすい場所なので、少しでも若く見せたいですよね。

今回は「教えてもらう前と後」で紹介されていた手が若返る方法をまとめます!

 

Sponsored Link

【教えてもらう前と後】エプロンにハンドタオルで手の乾燥予防?

教えてくれるのは、パーツモデル暦27年の金子エミさん!


画像出典:教えてもらう前と後

金子エミさんが日常行っている、手を若く保つ工夫を教えてくれました。

 

手が荒れてしまう原因は、水によって肌の角層がふやけバリア機能が崩れることで、肌内部の水分が失われ乾燥するから。

手に水気が残っている時間が短いということが重要なのです。

金子さんは少しでも手が濡れている時間を短くするため、エプロンにタオルをつけて、水仕事や調理中に手が濡れたとき、こまめに水分を拭きとっていました。


画像出典:教えてもらう前と後

水気を制するものは、老け手を制する!

と金子さんは豪語されていました!

 

【教えてもらう前と後】洗い物は手をケアするチャンス!

水仕事の中でも一番手あれが気になるのが、一日の中で回数も多い洗い物ですよね。

しかし、金子さんはそんな洗い物の時間も、手をケアするチャンスに変えてしまうのです。

金子さんはまず洗い物の前に、手にハンドクリームや化粧水などを塗り、ポリエチレン手袋をつけ、その上からゴム手袋をします。

そしてここからが重要!

42~43度ぐらいのお湯で洗い物をするのです。


画像出典:教えてもらう前と後

すると、ゴム手袋の中が蒸されて手のパックができるということなんですね~!

温かいお湯だと食器の油汚れの落ちも良くなるので、一石二鳥ですね!

 

【教えてもらう前と後】正しいハンドクリームの塗り方って?

普通ハンドクリームを塗るときは、手の甲にクリームを乗せてから伸ばすという人が多いのではないかと思います。

しかし正しいハンドクリームの塗り方は、「手のひら」からなんだそうです!


画像出典:教えてもらう前と後

ハンドクリームの油分を手のひらで温めることが重要で、ハンドクリームの有効成分を手に浸透させやすくなるということなのです。

気温の低い冬は、ハンドクリームの油分が固くなって伸びにくいので、特に大事なのだそう!

 

Sponsored Link

【教えてもらう前と後】血管の浮きの予防法!

老け手に見えてしまう原因は、手荒れだけではありません。

「血管の浮き」も、手を老けて見せてしまうんですね。

そんな「血管の浮き」の予防も、金子さんは普段からしっかり行っていました。

金子さんは、普段何気なく行っているスマホの操作にも気を配っているそうなのです。

どのようにスマホを操作するのが、血管の浮きの予防になるのでしょうか?

 

それはなんと、寝転がって操作すること!


画像出典:教えてもらう前と後

心臓より上にスマホを上げることで、血管が出なくなるということなのです。

 

そもそも浮き血管の原因は、加齢などによって血流が悪くなり末端の血管が膨張してしまうことで起こります。


画像出典:教えてもらう前と後

手を心臓より高くすると、血液が心臓に戻され、血管が見えにくくなるのです。

金子さんは、日常生活から手を心臓より高くすることを意識しているそうですよ!

寝転がってスマホを操作して、顔にスマホを落とさないように気をつけましょうね!笑

 

Sponsored Link

【教えてもらう前と後】浮き血管予防エクササイズ


画像出典:教えてもらう前と後

1・両手を上げて息をいっぱいに吸う。

 


画像出典:教えてもらう前と後

2・手をブラブラしながら息を吐く。

 


画像出典:教えてもらう前と後

3・息を吐き終えたら、また吸う。手はブラブラしたままで。

 

深呼吸をするように10回、息を吸う、吐くを手をブラブラさせながら行います。

大きく深呼吸をすることによって、末端の血流がスムーズになります。

1日1回繰り返し行うことで、血管が浮きにくくなるのだそうです。

すごく簡単にできるし血流が良くなるので、手がポカポカしてきますよ!

Sponsored Link