暮らしのこと

パパドとは?石原さとみもハマった!ダイエットと美容に良い理由って?

パパド」という料理を聞いたことがありますか?

エスニック好きなモデルや女優の間で人気なのだそうですが、その中にはあの石原さとみさんも!

パパドとはいったい何なのか、美容や栄養についてや、購入場所についてご紹介します!

Sponsored Link

パパドとは?

南アジア一帯で特に好まれている、豆粉で作った薄いせんべいのことです。

パパド」という呼び名の他に、「パパダム」「パーパド」などの呼び方があるようです。

特にインド料理には欠かせないパパドは、前菜として出されたり、オードブルや料理の付け合わせなどに使われています。

パパドに使われている豆粉は、ウラド豆という豆の皮をむいて粉状にしたものや、レンズ豆ひよこ豆の粉を使っています。

米粉が入っているものもありますが、主に豆粉、アサフェティダなどの香辛料や塩というシンプルな材料で作られているのです。

そのパリパリとした食感がクセになるという人も多いといいます。

ちなみに、インドでよく主食として食べられているものとして、「ナン」と「チャパティ」がありますが、「ナン」は小麦粉(精白粉)を使用して発酵させて平たく焼いたパン、「チャパティ」は全粒小麦粉を使用して発酵せずに薄く焼いたパンのことです。

 

Sponsored Link

石原さとみもハマる!パパドは美容に良い?

料理好きとしても知られる石原さとみさん。

普段は外食よりも自炊することが多いそうで、それが美容に繋がっているのでしょうね。

そんな石原さとみさんが今ハマっているというのがパパドなんです!

石原さとみさんが出演するドラマ関係者によると、石原さんはパパドに野菜をたくさん乗せて食べているのだそうです。

野菜をたくさん乗せたパパドのレシピと言えば、刻んだトマトや玉ねぎなどの野菜を乗せた「マサラパパド」が有名です。

パクチーを乗せたり、レモン汁やチリペッパーなどをお好みでかけるだけ、という超お手軽でヘルシーな料理です。

他にも、パパドを細かくしてサラダのトッピングにするというのも手軽でいいですね。

 

Sponsored Link

パパドの栄養価って?

パパドの主原料は豆粉です。

使われている豆の種類はそのパパドによって、ウラド豆だったりひよこ豆やレンズ豆などがありますが、豆の栄養価に共通しているのは、たんぱく質や食物繊維、カリウムが豊富なことなどが挙げられます。

ウラド豆はインドでは栄養価が高い豆として有名です。

また、レンズ豆は美肌や疲労回復に良いビタミンB群や、貧血に良いとされる鉄分が多く、ひよこ豆は、赤血球の形成を助ける栄養素の葉酸が豊富。

どちらも貧血予防に良いですね。

しかし塩分がきついものがあったり、油で揚げたものは脂質が多くなりがちなのでそこは注意が必要です。

 

Sponsored Link

パパドの作り方

もっともポピュラーなのは、豆粉とスパイスや塩などを混ぜて薄くのばし、半日ほど天日干ししてから油で揚げるという作り方です。

他にも直火で炙ったり、家で作る場合はオーブントースターで焼いたりする方法がありますが、薄い生地を天日干しするなどの手間を考えたら、家で手作りするのはちょっと躊躇してしまいますね。

本場インドでも昔は各家庭で、好みのスパイスやオリジナルのレシピでパパドがよく作られていましたが、現在ではスーパーで市販のパパドを購入する家庭が多いのだそうです。


カルディでパパド購入

↑カルディでパパドが売っていました!(300円ぐらい)

↑原材料名:パーパド(レンズ豆粉、米粉、クミンシード、キャロムシード、食塩、アサフェティダ)、植物油脂/膨張剤

栄養成分表示(1製品あたり)
・エネルギー:395kcal
・たんぱく質:9.6g
・脂質:26.8g
・炭水化物:28.8g
・食塩相当量:0.8g

この商品は、豆粉だけでなく米粉も使用しているようですね。

↑パッケージはプリングルスのような大きさですが、一枚一枚の形状がポコッと(?)しているため、それほど枚数は入っていない印象です。

 

↑薄く、パリっとしていてすごく美味しいです!

パッケージには「インドのおせんべい」という説明が書かれていますが、油で揚げてあるので、おせんべいと言うよりはポテトチップスの食感です。

塩分はそれほど強くなく、ほのかにスパイスの風味を感じます。

カレーなどの料理に、と書いてありますが、そのままおつまみとして食べたくなる味ですね。

見かけたらぜひ試してみてください!
Sponsored Link