2019年夏ドラマ

ルパンの娘【ドラマ】原作小説との違い!深田恭子と瀬戸康史の結末は?

2019年7月スタートの夏ドラマルパンの娘
(フジテレビ系 毎週木曜10時)

ルパン??と思いましたが、主人公は、なんと泥棒一家の娘!ということで、なるほど~!

その泥棒一家の娘である主人公と交際している男性が、警察一家の息子」であるというから、もうこれだけで面白そうです!w

原作は、2015年に発刊された横関大先生の同名小説です。

ルパンの娘」のあらすじキャストや、ドラマ版ならではのストーリーなどの、原作とドラマの違いについてご紹介します!

Sponsored Link

ルパンの娘【ドラマ】あらすじ

主人公、三雲 華(みくも はな)は、泥棒一家”Lの一族の娘。
(Lはルパンの頭文字」

Lの一族は悪党しか狙わないことをモットーとしていますが、家業を継ぐことを拒む華は、図書館の司書として働いています。

しかし、実は華は、家族の誰よりも盗みの才能があるです・・!

 

そんな華の恋人は、桜庭 和馬(さくらば かずま)。

和馬は、警察一家の息子なのです。

和馬は初めて華を実家に連れて行きますが、華が警察の人間ではないということから両親は結婚に猛反対!

華もまたそのとき初めて、和馬が警察一家だということを知るのです。

 

桜庭家は、一族から捜査一課の刑事を輩出することを悲願しています。

そこで和馬は、華との結婚を認めてもらうため、現在の捜査三課から捜査一課へと異動することに。

なんとか手柄を立てたいと願う和馬は、泥棒一家”Lの一族”の逮捕を狙うのです・・!

 

捜査一課・・・刑事部の中で、強盗などの強行犯を扱う。三課は、盗犯。

 

ルパンの娘【ドラマ】キャスト

三雲 華 ・・ 深田 恭子

深田恭子さんは、以前にも泥棒役を演じたことがあります。

そう、映画「ヤッターマン」のドロンジョですね~!
(もう10年前というから驚きです!)

そのイメージからか、セクシーな怪盗を想像してしまうのですが、どんな泥棒を演じてくれるのでしょうね。

深田恭子さんは、変わった役というかクセのあるキャラを演じるとすごくハマるので、今回はどんなふうになるのか楽しみです!

 

桜庭 和馬・・ 瀬戸 康史

瀬戸さん演じる和馬は、純粋で真っ直ぐな性格ゆえ、振り回される役なのだとか。

今回の刑事役を演じるにあたって、なんと体重を10キロ増やしたそうです!

瀬戸さんは、2018年のドラマ「海月姫」で女装する役を演じたときには、6キロ減量したというからプロ根性が素晴らしいです。

 

Sponsored Link

ルパンの娘【ドラマ】原作との違い

原作小説を連続ドラマにするにあたって、脚本にドラマならではの演出が加えられているようです。

泥棒家業を継ぐよりも普通に生きたいと、図書館の司書として働いている華。

しかし、大好きな恋人・和馬が悪党に襲われピンチに陥ったとき、和馬を救うためについ、泥棒スーツを身にまとってしまうことになります。

嫌々ながら着た泥棒スーツでしたが、華にはやはり泥棒一家のDNAが刻み込まれていました。

元来、盗みの才能がある華の血は騒ぎ、強くカッコいい泥棒となり、活躍してしまうのです!

その活躍が仇となって、華は毎回、怪盗になってしまい・・、というストーリーです。

 

映画「翔んで埼玉」脚本を担当した徳永友一さんと監督の武内英樹さんが、「ルパンの」で再びタッグを組むことになったそうです。
(徳永友一さんは、4月から放送しているドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」も担当)

泥棒vs警察というストーリーなので、ミステリーやアクション要素だけかと思いきや、なんとミュージカル的な演出もあるそうです!w

脚本や監督さんを見てもそうですが、これは、小説で読んだ印象よりコメディー要素が強くなりそうですね!

そもそも、深田恭子さんの「泥棒スーツ」ってなんだ?っていう感じですもんね・・w

 

そして、華と和馬は無事に結婚できるのか・・!
小説では、華が泥棒一家であることに和馬が徐々に気がついていくのですが、ドラマではどの段階で知ることになるのでしょうか?

ぶっ飛んだキャラクターも多く出演するそうで、まだ配役はわかっていませんがこちらも楽しみです。

他のキャストなど発表されしだい、またくわしくお届けします!

Sponsored Link