芸能ニュース

【ともさかりえ】金田一時代の誹謗中傷や嫌がらせの内容がひどすぎる!

女優のともさかりえさんが、10月20日自身のブログに書いた内容に注目が集まっています。

過去に誹謗中傷や嫌がらせを受け、とても苦しんだそうなのです。

1992年、12歳のときに芸能界デビューしたともさかりえさんは、1995年~97年に放送されたドラマ「金田一少年の事件簿」でブレイクしました。

私生活では、2003年の23歳のときに、舞台演出家で俳優の河原雅彦さんと結婚、翌年に長男を出産するも、その4年後に離婚しています。

2011年にはシンガーソングライターのスネオヘアーさんと再婚。

しかし5年後の2016年に離婚

現在はシングルマザーとして息子さんを育てています。

ともさかりえさんのブログの内容や、当時受けていた誹謗中傷、嫌がらせの内容についてまとめます。

 

Sponsored Link

【ともさかりえ誹謗中傷】ブログの内容は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

rie_tomosaka_officialさん(@rie_tomosaka_official)がシェアした投稿

今回のともさかりえさんのブログは、10月19日に放送された「KinKi Kidsのブンブブーン」にゲスト出演したことを受けてのものでした。

ブログの冒頭で、

ブンブブーンご視聴ありがとうございました。

互いに40歳という節目の年に再会してこうやって笑いあえたことが嬉しかった。

 

と、ドラマ「金田一少年の事件簿」で共演していた堂本剛さんとの再会を喜んでいました。

しかし続けて、当時の辛さを振り返っています。

 

金田一当時は本当につらくて、

特にパート2の辺りは いま振り返っても軽く動悸がするくらいにしんどかったけど

生きていて良かったと心から思います。

SNSがなかった時代に様々な形での誹謗中傷をあびて

幼かった私は本当に苦しみました。

本当に本当に苦しんだ。

いま元気に生きていられて良かった。

誰かを愛することができて良かった。

 

読んでいるだけで、ともさかさんの気持ちが伝わってきて苦しくなります、、。

 

Sponsored Link

【ともさかりえ誹謗中傷】どんな嫌がらせを受けていた?

きっかけは熱愛の噂

ともさかさんのブログには、当時の誹謗中傷について具体的な内容は一切書かれていません。

ともさかさんが誹謗中傷や嫌がらせを受けるきっかけとなったのは、「金田一少年の事件簿」で共演した堂本剛さんとの熱愛の噂でした・・・。

ドラマは、堂本剛さんが、名探偵・金田一耕助の孫、金田一一(きんだいち はじめ)を演じ、ともさかりえさんが一(はじめ)と同級生・七瀬美雪の役を演じていました。

様々な事件を一(はじめ)と美雪、刑事の3人で解決していくという構造だったため、もちろん堂本剛さんとともさかりえさんの共演シーンは多め。

さらに実生活でも、ドラマと同様に同じ高校の同級生だったのです。

このような環境だと、誰かが面白がって「付き合ってるんじゃないの??」とからかっても、学生時代ならよくあることなのかもしれません。

どのようにして「堂本剛とともさかりえが付き合っている」という噂が流れてしまったのかはわかりません。

しかし、その噂を堂本剛さんの熱狂的な一部のファンが本当だと思い込んでしまったのです。

そして、とんでもない行動を起こしてしまうことに・・・。

 

カミソリ入りの手紙

熱愛の噂に激怒した堂本剛さんの一部のファンが、カミソリ入りの手紙をともさかさんに送りつけたというのです。

当時の芸能人に対する嫌がらせの定番と言ってもいい「カミソリ入りの手紙」。

松田聖子さんなど多くの芸能人が送られています。

ファンレターかと思い、開けたらカミソリで指がスパッと・・・。

ひどいですね。

よく見るT字とかのカミソリじゃないですよ、カミソリの刃だけというのが売っていたのです。今はあるのかわかりませんが・・。

これによってともさかさんは、心労が重なり拒食症に陥ってしまいます。

168センチも身長があるのに、38キロまで落ちてしまったのだとか・・・。

ともさかりえさんより少し下の世代ですが、当時ともさかさんがすごく痩せていたことを何となく記憶しています。

 

嘘の手紙

「金田一少年の事件簿」にともさかさんが出演していた頃、ともさかさんが高校の同級生の友達に送ったとされる手紙のコピーが全国的に出回りました。

ブス」、「悔しかったら芸能人になってみろ」など、堂本剛さんのファンに対してともさかさんが書いたような内容で、字も、ともさかさんの字に似せてありましたが、これは全くの別人が書いたニセモノだったのです。

SNSなどがない時代に、このような怪文書が全国的に出回るとは、今とはまた違った恐ろしさがありますね。

 

Sponsored Link

【ともさかりえ誹謗中傷】世間の反応は?

確かに、あの当時ともさかりえ本人が書いたって怪文書が出回っていた。
不幸の手紙みたいな、この手紙読んだら友達10人に広めてください!みたいなの。

堂本剛ファンの友人から、FAXでともさかりえの誹謗中傷の紙が送られてきて、これを読んだ人は5人にFAX流すことっていうルールがあった。

行き過ぎた一部のファンの心理は同性でも理解できない。

自分が応援したい人の周囲を叩く感覚は理解できません。

剛くんだって自分のせいでって思って辛かったと思う。

当時はドラマを楽しんで観ていましたが、ともさかさんの笑顔の裏にはそんなことがあったとは驚きました。

現在は、息子さんと仲良く二人暮らしをされていて幸せだということなので安心しました。

 

Sponsored Link