2020年春ドラマ

朝ドラ「エール」【裕一の弟】浩二は佐久本宝!3年A組にも出演

2020年3月30日(月)からスタートするNHK連続テレビ小説「エール」!

(月~金、朝8時~8時15分)

窪田正孝さんが主演で、ヒロインを二階堂ふみさんが演じます。

朝ドラ「エール」に窪田正孝さんが演じる古山裕一の弟・浩二役で、佐久本宝さんが出演!

佐久本宝さんのプロフィールや「エール」での役どころ、今までの出演ドラマや映画、演技が上手い?などの評価についてご紹介します!

 

Sponsored Link

【エール裕一の弟・浩二】佐久本宝はどんな役?


画像出典:NHK_PR

(「エール」の公式twitterが開設されましたら画像を切り替えます)

「エール」は、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而(こせきゆうじ)氏と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏をモデルにした、音楽とともに生きた夫婦を描いた物語。

福島で老舗呉服屋の跡取りとして育った主人公・古山裕一(窪田正孝)は、音楽に出会うと才能を開花させ、独学で作曲を学び始めます。

その裕一の弟である古山浩二を佐久本宝さんが演じます。

浩二は責任感が強い性格で、経営が傾く実家の老舗呉服屋「喜多一」を立て直そうとします。

東京へ出ていく兄(裕一)への反発もあり、福島に残って地元のために奮闘していくのです。

佐久本宝さんは、今回が連続テレビ小説初出演となります。

 

Sponsored Link

【エール裕一の弟・浩二】佐久本宝のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

佐久本宝(@takara_sakumoto)がシェアした投稿

佐久本 宝(さくもと たから)

  • 生年月日 1998年7月22日
  • 出身  沖縄県うるま市
  • 身長  163センチ
  • 血液型 A型
  • 事務所 株式会社ビーストリーム

 

「宝」は、本名のようです。

沖縄県うるま市の中高校生が出演している現代版組踊「肝高の阿麻和利」の七代目阿麻和利役を演じたことが、佐久本宝さんの俳優デビューのきっかけとなりました。

(現代版組踊「肝高の阿麻和利」とは、沖縄に古くから伝わる伝統芸能「組踊」をベースに、現代音楽とダンスを取り入れ、勝連城10代目城主「阿麻和利」の半生を描いた作品。)

その「肝高の阿麻和利」を見に来ていた映画監督の李相日氏が「この子、オーディションに呼んだら?」と関心を示しました。

李監督は、「フラガール」や「悪人」でも知られた監督です。

そのオーディションとは映画「怒り」。

何の映画のオーディションなのか知らされないまま、佐久本さんはオーディションに参加したといいます。

そのオーディションには1200名が参加していたんだとか!

そんな中、佐久本さんは最終オーディション後、みごと合格

広瀬すずさんが演じる小宮山泉の同級生で、物語において重要な役回りを果たす高校生・知念辰哉役を演じました。

佐久本宝の演技が上手い!

佐久本さんは映画「怒り」で、第40回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。

怒り」での佐久本さんの演技は、映画を観た一般の人たちからだけでなく、著名人からの評判もすごいものでした。

 

Sponsored Link

【エール裕一の弟・浩二】佐久本宝の出演映画・ドラマ

出演映画

怒り(2016年)知念辰哉 役
YOU達HAPPY映画版 ひまわり(2018)花村龍二 役
あの頃、君を追いかけた(2018年)大野陽平 役
凪待ち(2019年)石母田翔太 役
惡の華(2019年)

出演ドラマ

花へんろ 特別編 春子の人形〜脚本家・早坂暁がうつくしむ人〜(2018年)前田賢太郎役
ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語(2018年)藤子不二雄A役
KBOYS(2018年)比嘉海斗役
3年A組-今から皆さんは、人質です-(2019年)石倉光多役
チャンネル5.5「ゼブラ(2019年)浅野 (ぽん)役
これは経費で落ちません! 第1話(2019)田中役
甲子園とオバーと爆弾なべ(2019年)
ニッポンノワール-刑事Yの反乱- 第2話・第6話(2019年)石倉光多役

 

3年A組-今から皆さんは、人質です-」では、片寄涼太さんが演じる甲斐隼人と同じグループの石倉光多を演じました。

3年A組」で発生した魁皇高校立てこもり事件から半年後が舞台となった「ニッポンノワール」では、同じ役名「石倉光多」で2話、6話に出演。

作品に出るたびに、その演技力が絶賛されている佐久本宝さん。

「エール」でどんな活躍を見せてくれるのか楽しみですね!

Sponsored Link